プロフェッショナルパートナー 医学博士 弁護士 井内 健雄

医療弁護士のご紹介/井内 健雄

プロフェッショナルパートナー 医学博士 弁護士 井内 健雄

井内健雄より医療過誤の被害に遭われた皆様へ

私は、当法人に入所以来、医療関連の法務を中心に、産科での医療事故に取り組んでいます。

産科の医療過誤でご相談に来られる方は、私たちにとって一番大切な「子どもや妻」を傷つけられてしまったことに特徴があります。

医療の特殊性として、医療ミスなのかどうかもよくわからない、他の事務所で断られた等様々な方が依頼者となっています。また、産科の特徴として、被害も甚大です。私は、このような方々のお力になりたいと日々取り組んでいます。

常時、産科の案件を扱っており、現在進行中の案件も数件あります。

このように、経験を積むことによって、お客様に一番妥当な解決策を模索できると考えます。

また、産科の場合、病院側に過失がなく責任追及できない場合でも、産科医療補償制度を利用したり、投薬による場合にはPMDA(副作用救済機構)による補償等を受けることができる場合もあり、これらの申請等のアドバイスもできますので、悩まずご相談ください。

氏名
井内 健雄(いのうち たけお)
資格・学位
弁護士 医学博士
所属事務所所在地
弁護士法人ALG&associates 東京法律事務所 医療事業部〒163-1128 東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー28階
対象地域
全国対応
出身校
奈良県立畝傍高等学校
大阪大学 法学部
京都大学 法科大学院
順天堂大学大学院 病院管理学 医学博士
所属弁護士会
所属委員会
部会・学会
東京弁護士会
東京弁護士会 弁護士研修センター運営委員会
同副委員長(2021.4~現任)
裁判官情報収集モニター(2022.4~任期3年)
東京弁護士会 医療過誤法部
日本医事法学会
日本総合病院診療医学会
主な経験事例
吸引分娩を複数回試みた結果、児の頭部に禿髪部が生じた症例、妊娠39週5日の妊婦に、妊娠末期の妊婦には禁忌とされているロキソニンが処方され、本件患者はロキソニンを服用したため、胎児が死亡した事例、胎児心拍数モニターの波形の変化として現れていたにもかかわらず、そこを見落とし、あるいは過小評価してしまい、分娩を待てると判断し、心音が拾えなくなるまで気づけなかった結果、重度の胎児循環不全から胎児の心停止に至った事例、帝王切開時の硬膜外麻酔により、左足親指に違和感が残るなどした事例等。

医療過誤のご相談・お問い合わせ

初回法律相談無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-090-620 24時間予約受付・年中無休・通話無料

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

メールでお問い合わせ