臀部脂肪吸引術後の敗血症に関し、病院側に有責性を認めさせて損害賠償金550万円を獲得できた事例

事案の概要

相談者は、臀部(でんぶ)脂肪吸引の手術を受けた後、敗血症を発症したことについて、手術を行った美容外科クリニックに損害賠償請求をしたいと、弊所にご相談いただきました。

弁護士の方針・対応

まず、相手方である美容外科クリニックに対して任意開示を求め、医療記録を入手しました。そして、この医療記録をもとに調査した結果、相手方に有責性があると判断し、訴外で交渉を進めるという方針をとることとしました。

結果

診療内容を丁寧に調査し、適切に判断したうえで交渉に臨んだことが功を奏し、依頼者と交渉契約を締結してから9ヶ月足らずで訴外の和解が成立し、損害賠償金として550万円を得ることができました。

この記事の監修

弁護士法人ALG&Associates 代表執行役員  医学博士 弁護士 金﨑 浩之
弁護士法人ALG&Associates 代表執行役員医学博士 弁護士 金﨑 浩之
東京弁護士会所属。弁護士法人ALGでは高品質の法的サービスを提供し、顧客満足のみならず、「顧客感動」を目指し、新しい法的サービスの提供に努めています。

医療過誤のご相談・お問い合わせ

初回法律相談無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-882-022 24時間予約受付・年中無休・通話無料

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

メールでお問い合わせ