MENU

弁護士法人ALGが医療過誤に強い理由

弁護士法人ALGが医療過誤に強い理由

弁護士法人ALGの医療過誤チーム

弁護士の専門性を強化するため医療事件を専門的に取り扱う弁護士によって構成されたチーム

日本国内の伝統的・典型的弁護士事務所は、多くの取扱分野を持つゼネラリストの弁護士で構成されており、どの分野においてもスペシャリストの養成が遅れていました。

特に専門性が高く、多くの弁護士にとって敷居も高い医療紛争の分野での専門性の遅れは甚だしいと言えます。

医療裁判で医療機関側の弁護士と互角に議論できる弁護士はごく一部の少数派にとどまるばかりか、弁護士事務所が一丸となって医療事件の専門性強化に組織的に取り組んできた例は皆無に等しいとさえ言える状況が続きました。

そこで、弁護士法人ALGは、そのような状況を打破するため、他の弁護士事務所・法律事務所に先駆けて、医療事件を専門的に取り扱うチームを創設しました。

大学院の医学研究科博士課程への進学推奨、豊富な医学知識で医療事件に取り組み

医療過誤チームに所属する弁護士は、所内で実施される解剖生理学試験に合格し、医療判例研究会、臨床医学の勉強会などの各種研修に参加することが義務づけられております。

また、医療過誤チーム所属の弁護士のうち、東京弁護士会の会員弁護士については、同弁護士会が設置する法律研究部のひとつである医療過誤法部に所属することも義務づけられています。

さらに、医療過誤チームに所属する弁護士の全てが、将来、大学院の医学研究科博士課程に進学し、医学博士の学位を取得することも推奨されております。

現在、数名の所属弁護士が、医学研究科博士課程に在籍しております。

医療過誤チームに所属する弁護士は、冊に及ぶ医学専門書が取り揃えてある恵まれた執務環境で医療事件に専念しており、日本国内では、医療事件の分野で優れた実績を上げている有数の弁護士事務所に育っております。

弁護士法人ALGと他の法律事務所との違い

他の法律事務所と弁護士法人ALGとの大きなちがいは次のとおりです。

第1 医療過誤チームの設立

弁護士の専門性を強化するため医療事件を専門的に取り扱う弁護士によって構成されているチームです。
医療事故・医療ミスの案件を扱う所属弁護士に関しては、医療事件に専念できる環境を整えております。
日本国内の伝統的・典型的弁護士事務所は、多くの取扱分野を持つゼネラリストの弁護士で構成されており、どの分野においてもスペシャリストの養成が遅れていました。
特に専門性が高く、多くの弁護士にとって敷居も高い医療紛争の分野での専門性の遅れは甚だしいと言えます。
医療裁判で医療機関側の弁護士と互角に議論できる弁護士はごく一部の少数派にとどまるばかりか、弁護士事務所が一丸となって医療事件の専門性強化に組織的に取り組んできた例は皆無に等しいとさえ言える状況が続きました。
そこで、弁護士法人ALGは、そのような状況を打破するため、他の弁護士事務所・法律事務所に先駆けて、医療事件を専門的に取り扱うチームを創設しました。
私たちの法律事務所には、86名の弁護士が所属しています。(※2020年1月末現在)
この所属弁護士たちを、取扱分野ごとに分け、各分野に専念できるような体制を整えております。
現在、医療事故・医療ミスを取り扱うチームのほか、企業法務を扱うチーム、離婚などの家事事件を扱うチーム、交通事故を扱うチームに分けて業務を行っております。
こうすることによって、医療チームに専属する弁護士は、日々、医学文献やカルテと格闘する毎日を過ごしており、他の法律事務所よりも、一人一人の弁護士が数多くの医療事件を経験できる仕組みになっています。
このような体制を築けるのは、たくさんの弁護士を抱えている大規模事務所の強みだと思います。

第2 冊を超える医療文献

弁護士法人ALGには、現在、冊を超える医学文献を保有しており、弁護士が医学文献を調査するうえで困ることがないほどの量に達しております。 これらの医学専門書は、概説書やガイドラインだけにとどまらず、特定の疾患に特化しているかなり専門性が高い文献も含まれており、また、手術ビデオのDVDなども豊富に取り揃えてあります。 こうすることによって、日々の業務で弁護士が困ることがないようにしているだけではなく、研修会や勉強会でも活用し、日々の研鑽のための教材としても役立っております。 このような体制を築くことに成功している法律事務所は他にないのではないでしょうか。

第3 医療チーム所属する弁護士は医学研究科を設置している大学院に進学への進学義務付

私たちの法律事務所の医療チームに所属する弁護士には、医学研究科を設置している大学院に進学することが義務づけられております。
基本的に、医療専門の弁護士経験が3年以上の所属弁護士は、大学院で医学の研究をしなければなりません。
この医学研究科には4年間在籍する必要があり、論文がアクセプトされると、医学博士の学位が授与されることになります。
なぜここまでするのかというと、医療事故・医療ミスにたずさわる弁護士には、かなり広範囲にわたった医学知識をもつことが求められるからです。
所属弁護士の全員(あくまでも医療チームに所属する弁護士に限りますが)に医学博士の学位を取得することを義務づけている法律事務所は他にはないと自負しております。

第4 医療判例など医療案件の勉強会・研修会を定期開催実施

所内の医療チーム所属の弁護士は、週1回、医療判例勉強会や実際に扱っている医療案件の意見交換会を実施しており、医療問題への理解を深めるための勉強会・研修会を実施している点です。 仕事で忙しい弁護士たちにとって、週1回の勉強会はかなりの負担ですが、専門性が著しく高い医療裁判専門の弁護士を養成するためには、これは最低限やらなければならない努力だと思います。 この勉強会を通じて、所属弁護士は、医療問題に対する理解を深め、他の弁護士の経験なども参考にすることによって、その経験値をより高めています。

第5 所内にて「解剖生理学試験」合格義務付

医療チームに専属する弁護士は、所内で実施される「解剖生理学試験」に合格することが義務づけられております。

なぜ解剖生理学の試験を実施しているのかというと、病気について知る前に、人体の正常な解剖学的構造やその生理的機能を知らなければ、病気についても正確に理解することは困難だと考えるからです。
この5つは、他の法律事務所にはない、私たちの最大の特徴だと思います。

弁護士法人ALGの執務環境
プロフェッショナルパートナー 弁護士 井内健雄 コラムより

私が驚いたことは、弁護士法人ALGになんと「冊以上の医療文献」が存在するということです。この数字すごいです。所蔵の一部を見た時、本当に法律事務所かという印象を受けます。さらに、弁護士法人ALGには、医療データベースが導入されていました。

そのデータベースは、医学書院の「今日の診療プレミアムvol21」というデータベースです。このデータベースには、「今日の治療指針」「今日の診断指針」をはじめ「治療マニュアル」など医学書院書籍13冊が収録されています。また、解説項目約88200件、文中リンク約72000件、図表写真約12200点が収録されています。

そして、書籍にはない「検索機能」もあります。これにより、毎回目次から該当箇所を探して内容を読んでいかなくても、調べたいキーワードを入れるだけで、調べたい部分を見ることができるようになりました。また、印刷もボタンを押すだけで出てきます。毎回、重い本を持ってコピーしなくてもよいようになりました。

このデータベースにより、作業が効率化すると思います。この作業の効率化により、高い精度の医療調査ができるようになります。このようにして、医療調査の質も向上させていきたいと考えます。

医療過誤訴訟事件を取り扱う際に医学文献を調べる必要性

医療過誤訴訟事件を取り扱う場合、当該患者の診療記録等を入手できれば、当該患者がどのような疾病であり相手方医療機関においてどのような内容の治療を受けたのかを把握することができます。

しかし、医療過誤事件を法的に解決するためには、相手方医師が行った診療の問題点を「過失」や「因果関係」など法的な観点から整理、構成しなければなりません。

そのためには、当該患者の診療記録等のみならず診療時点における当該疾病に関する医療水準を把握する必要があります。

そのためには、医学文献を調査し、当該疾病やその治療法に関する知見を習得したうえ、診療当時における当該疾病に関する医療水準がどのようなものなのかを正確に理解しておく必要があります。

医学文献にはどのようなものがあるのか?

まず、基礎的な知見を習得するために役立つ文献としては、成書があります。
成書とは、医学に関する教科書をいいます。成書は、基礎的な医学的知見について調べるときに役に立ちます。

医学部の図書館や弁護士会の図書館、大型書店などで比較的簡単に入手できるうえ、内容としても基礎的・標準的な内容を扱っているので、医学の進歩に伴って文献として使用できなくなることは少ないという長所があります。

一冊が非常に分厚く何冊かの成書を図書館から運ぶだけでも大変です。また、購入するつもりであれば、楽天・アマゾンなどの通販でも購入できるようです。ただ、値段が非常に高いです。一冊1万円を超えるのも普通です。成書を準備するだけでも一苦労です。

成書としては、「標準~」シリーズ(医学書院)が代表的な文献といえるでしょう。

また、MOOKシリーズ(金原出版)も標準的な成書です。「今日の診療」シリーズ(医学書院)は、個別の疾患ごとに標準的な診断方法や治療法が掲載されており、使いやすいです。

次に、医学論文が挙げられます。成書は、入手しやすいうえ、標準的な内容が掲載されており分かりやすい、というメリットがありますが、当該具体的診療に対する過失の有無や当該診療行為と結果の間の因果関係の有無など診療行為の問題点を法的な観点から整理するための資料としては十分な資料とはいえません。

そこで、さらに医学論文を読む必要があります。医学論文には、原著論文、総説、症例報告等があります。分類の説明については詳細になるので割愛しますが、医療水準との関係では執筆された時期に注意して読む必要がありますし、一概に医学論文といっても必ずしも信用性が担保されているものばかりでもないことから、証拠価値との関係ではどれだけ権威のある論文であるのか、引用されている他の文献の信用性は確保されているのかということについて個別的な判断をしながら読む必要があります。

論文は従来、雑誌から調べるというのが一般的でした。私の事務所にも蔵書がたくさんあります。しかし、最近では、インターネットによるデータ検索が可能です。便利になりました。ただ、医学文献サービスも有料だということがネックです。

また、厚生労働省、医療機関、大学、医師会、医師、医薬関係出版社、製薬会社のホームページで症例等を無料で公開していることもあり、これらも参考になります。

医学文献の探し方と注意点

まず、最も注意を払うべき点は、医療水準は医療の進歩により変化するので、文献が作成された時期です。この視点が抜け落ちたまま自己に有利な記載を見つけたとしても、訴訟追行のうえでは全く役に立たないことになります。

文献の探し方としては、図書館や書店などを利用して探す方法があります。この方法は、まさに手作業で文献を探すので、探す過程で色々な文献を手にし、色々な文献を比較対照しながら文献を探すことができますし、当該争点とは直接的に関係しないが、優れた文献を見つける場合があるなどのメリットがあります。

しかし、手作業であるため、時間や手間がかかってしまうというデメリットがあります。

現在では、コンピューターの検索システムが発達しており、これらの検索システムを利用することで、効率的・網羅的に文献を探すことができます。

利用契約を締結する必要があるものとしては「JOIS」(科学技術振興事業団・科学技術情報事業本部が運営)や「医中誌Web」(医学中央雑誌刊行会が運営)などがあります。

利用契約を締結する必要のない検索方法としては、医療機関や大学、医師会や製薬会社のホームページなどで医学情報を得ることができる場合があります。また、各種疾病に対する診療ガイドラインは、特定の疾病に関する標準的な治療指針であり、特定の疾病に対する医療水準を把握することに役立ちます。独立行政法人医薬品医療機器総合機構が開設している「医薬品医療機器情報提供ホームページ」では医薬品や医療機器の添付文書、安全性に関する情報が入手できます。

それらのホームページを探す場合、藤田康幸編「医療事故マニュアル」(現代人文社)に各ホームページのURL情報が掲載されているので参照すると便利です。

また、医療水準だけでなく、過失について調べるためにプロスペクティブな視点から作成された文献を探すのか、因果関係について調べるためにレトロスペクティブな視点から作成された文献を探すのかを意識して探せば効率的な検索ができると思われます。

以上のように、医学文献の調べ方を紹介しましたが、実際に調べようとすると、どの成書を読めばいいか、なかなか検討がつかないのが現状だと思います。また、非常に時間と労力がかかるのが実情です。もし、本当に困っているなら、「医療過誤」を専門に扱っている「弁護士」のいる事務所で、かつ、蔵書、データベースなどの設備を備えて積極的に取り組んでいる事務所に相談するのも一つの選択肢だと思います。

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。